itti(イッチ)の部屋

ビーエル関連のツブヤキ/オリジナル小説のお知らせ/SS/イラストなど
興味のある物すべて混載中

【同性を愛するということ】

こんにちは イッチです。
最近は、別サイトでの小説を進める為、コチラが疎かになってしまいました。
でも、読者登録した皆さんの記事にはお邪魔しています🎵


今日は仕事が休みだったのですが、至急のお仕事が終らなかったので会社に行きました。


で、処理するまでの時間を潰そうと、海外の映画を見てました。netflixで観たのですが、『ブライドグルーム』という同性愛のカップルのドキュメント形式のもの。


イメージするに、アメリカは自由の国だと思っていたけれど、同性愛者への偏見が非常に極端に現れています。


田舎だと、命の危険もあったりして、そういう少数派の人がカリフォルニアに行きたがる気持ちも納得です。


子供の頃から、自分は友達と違う。
そんな風に思っても、誰にも相談は出来ません。家族も受け入れてくれない。教会で祈ればなんとかなると思っている。
そういう中で暮らす事の難しさ。


この映画を観て、恋人をなくしたゲイの自叙伝かと思っていたら、とんでもない。


二人の関係が、本当に素敵で‼
『伴侶』という言葉がピッタリで‼


なのに・・・突然の不幸が二人に襲いかかる。そして、本当に悲しいのは、葬儀に参列することが叶わなかったシェーンの心。


もうね、涙がとめどなく溢れます。


愛し合う二人。これは同性でも異性でもですが、家族や世間が認めない愛の形は、差別を受けるのです。


悲しい(。´Д⊂)


でも、ひとつ救われるとしたら、彼らには良き理解者が居てくれたこと。友人、知人。家族の中にも何人か。


根本的な解決にはなりませんが、せめてそっとしておくぐらいは、いいのではないでしょうか?
銃や言葉や力で拒絶するのではなく。そっと・・・


いろんな方に、是非観ていただきたい映画でした。



シェーンとトムの最高の軌跡です。
トムのご冥福をお祈りします。
そして、シェーンの心の平穏を祈ります。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。