itti(イッチ)の部屋

オリジナルイラスト、小説更新のおしらせなど、趣味の部屋。

ビーエル関連のツブヤキ/オリジナル小説のお知らせ/SS/イラストなど
興味のある物すべて混載中

SS 「扉の向こう側」BL小説

蝉の鳴き声も止み、涼しさを求め始める頃、此処に来ればオレの身体と心は満たされた。


そんな日々を送る部活も、もうすぐ終わりを告げてしまう。


3年生は次の試合が終わったら引退だ。

次に部長になるオレは、その日400メートルの自主練を終えると、仲間が帰った後もロッカールームに座り込んで黄昏ていた。


高校に入って1年半、片時も離れたくない人が此処にはいる。ひとつ先輩の安西さんだ。


その人は男で、中学まで普通に女の子と付き合ってきたオレには、同性に心を奪われるなんて青天の霹靂。

でも、初めて陸上部の部活を見に行った時、風を切って校庭を走る安西さんに、一目惚れをした。


しなやかな筋肉と、風になびくサラサラの黒髪。身長は高くは無いが、均整のとれたスタイルで、カモシカの様に無駄なく空を斬って走る姿。そして、何よりも惹かれたのは、爽やかな笑顔とオレにだけ見せるはにかんだ眼差し。


「安西さん、受験する大学決まったんスか?」

汗に濡れたシャツをたくしあげながら聞くと、隣で同じようにシャツを脱ぎすてた安西さんがオレを見た。思わずオレの視線が安西さんの肩から流線型を描く背中に移ると、気付かれたのか脱いだシャツで身体を隠される。


「あ、うん。一応担任にはオッケーを貰えてる。無理は禁物、なんだってさ。学校も合格者を出さない事には、新入生の数に響くらしいからね。」

そういうと、バッグから新しいタオルを出して身体を拭いた。


「寂しいな、ここに安西さんの姿がなくなるなんて。オレの唯一の憩いの場所なのに。」

「ははは、透の憩いの場所か...。それは、此処にいる僕の事も含んでって意味かな!?」


「勿論、だからこそ癒されるってもんです。オレ、安西さんの事、大好きなんですよ!?気付いてましたか?」


「...まぁ、普通に気付くよね。だってこうして僕を見る透の目にヤられちゃってるんだから。僕も好きだよ。」


「...マジ、ッスか?オレ、本気にしちゃいますよ。ってか、好きの意味分かってる?」

オレは焦る。同性に対して好きと言うのは、友達としての意味を持つと思うからだ。オレのは違う。異性に向ける感情をそのまま安西さんへと向けているんだ。


「...勿論。透が僕の事を忘れずにいてくれるのなら、僕は大学へ行っても心は透の元へ置いておく。そういう好き、って事だよ。」


「安西さん...」


オレは胸が詰まりそうになると、安西さんの細くてしなやかな腰に腕を回して引き寄せる。


「心をオレの元に置いてゆくのなら、次の扉を開く事を許してくれますか?オレが安西さんさんの元へ行くことを許してくれますか?再来年、また同じ景色を一緒に眺めてくれますか?」


「やけにお許しを請うんだね!?僕はそんなに偉くはないよ?透がしたい様にすればいい。この腕を払い除けないのが、僕の答えだから。」

そう言うと、ふふ、っと笑った。






***ご覧頂いて有難うございます。

夏休みも終わりを告げる頃、ふと思いついて書かせていただきました。

やった!遂にこんな時代が♪♪♪

こんにちは。
ほそぼそとボーイズラブの創作を続けているイッチです。m(_ _)m


昨日、毎日新聞にて掲載された記事を読み、テンション上がりまして!


そして、今日もTwitterにてこの記事を目にする事が出来、早速サイトに潜ってスクショしてしまいました。🙌




最近の男子達のBL化にひとりほくそ笑んでいたので、遂に全国的に(毎日新聞って全国的?)かどうかは分かりませんが、世に知らしめて頂いて嬉しく思います。


海行リリ 先生が言われたように、私も少女漫画の恋愛ものには萌えない質で...


可愛くなきゃ女の子は好きな人と恋愛出来ないのかよ!!!
な~んて、やっかみを持っていたもので(´□`)


いや、まあ、
私は沢山恋愛して来たけれども!←(ココ強調


この間、星野源さんも言われてましたよ。
家族の形も変わって行くかも...両親が同性、とか。って♪(ミュージックステーションだったかな?)


まあ、秘め事だから萌えるってのもあるかもしれないけれど、、、
同じように感じる方々が、こうやって前に出して頂けることは、大きく前進した様な気がして、兎に角嬉しいです!


物凄く個人的な意見です。m(_ _)m
不愉快に思う方も、そりゃあおられるでしょうが...


自由恋愛 バンザイ゚+.゚(´▽`人)゚+.゚


但し、不倫は覚悟して されよ♪
するなら、死ぬ気で愛し合って欲しい


あ、横道逸れちゃったキャ───(*ノдノ)───ァ


読んで頂いて有難うございます。


休憩中にこんなことして、怒られそう^^;

新たな発見!

 お久しぶりです。彷徨っていたわけではありません。
ちゃんとイラストも小説も書いておりましたイッチです。


Twitterでフォロ―させて頂いている方に、おもしろいアプリを教えて頂いて・・・
っていうか、勝手に便乗しただけですが。


ちょっと遊んでみたので、サンプルとして投稿致します。


FC2ブログにて更新していました小説の中の二人の会話。
小説の方は気が向いたら読んでください。


「今日は直帰します!」
  

 今日初めて使ってみたので、さっくりと完結ですが、又普通に小説とか書けるのかな?
ちょっとLINEみたいで楽しかった!!



では、本日はこれにて。