itti(イッチ)の部屋

ビーエル関連のツブヤキ/オリジナル小説のお知らせ/SS/イラストなど
興味のある物すべて混載中

短編小説『鬼灯・提灯・道案内』

 ― 腹違いの兄弟。―
 しかも歳は10も違う。そんな事を信じて生きてきた、この18年。

「卓也、来週東京の叔父さんの初盆、お前も行くんだろ?!」
 そう聞いてくるのは、10歳上の兄、慎一だった。
「もちろん行くよ。僕らの身寄りは、あそこしかないんだから。」
「なら、俺は出張で先に行ってるから、お前は後から来い。ホテルは叔母さんが用意しておくって言ってくれてる。」
「うん、分かった。夏休み前だけど、丁度週末に当たって良かったね。」
「ホントだな。会社もそんなに休まずに済むよ。」
 涼しい顔でそ言う兄さんは、度を超すくらいの社畜だ。

 親の死に目に会えないのは、舞台に出ている人くらいのものかと思っていた僕。でも、4年前に両親が自動車事故で亡くなった時、兄さんは遠くナイロビで仕事をしていて、帰っては来なかった。
 通夜も葬式も、東京の叔父さんがすべてを引き受けてくれたんだ。

 僕の両親は、二人とも家族との縁が薄いと言うのか、早くに親を亡くしていて。
 兄弟も叔父が一人いただけで、今回その叔父までもが亡くなるなんて、僕たち兄弟も同じように家族の縁が薄いのだろうかと思う。
「兄さんの出張は前日だったよね。なら、僕も同じホテルを取ってもらおうっと。」
 そう言って兄さんの隣に腰を降ろす。4人掛けの小さな座卓には、テレビのリモコンだけが置かれていて実にシンプル。もともと、ここにはあまり物がない。
 僕がもっと小さな頃は、それなりに玩具もあった様な気がする。でも、兄さんと遊んだ記憶も曖昧で、友達に誘われて外を出歩く事も無かったけれど、家の中に籠っていた訳でも無くて。
 どういう訳か、自分の事となると色々覚えていない事が多いんだ。その度に僕は兄さんに昔の事を聞く。なのに、そんな事はいちいち覚えていなくてもいいんだと言う。


 やっとの事で東京に着いて、指定されたホテルのフロントに向かうと、その横のカウンターの前で兄さんが待っていて、僕に部屋のキーを見せると、「すぐ行くだろ?!」と聞いてきた。
「うん、もう疲れちゃったよ。結構歩いたし、電車の乗り換えを迷いそうで、神経使っちゃった。早く横になりたい。」
「じゃあ、ご飯もルームサービスにしようか。」
「うん、いいね。ルームサービスっていうの一度やってみたかったんだ。」
 僕は、足が痛いのを忘れるくらい嬉しくなった。

 部屋に着いて、兄さんがフロントに電話を入れてくれる。暫くすると、メニューから選んだ料理が運ばれてきて、僕はワゴンの上の料理をじっと見つめた。
「こら、卓也、はしたないぞ。ちゃんとテーブルに置くまで待てって。」
 そう言われて、兄さんが置いてくれるのをじっと待った。まるで小さな子供の様に、胸がわくわくする。
 口にした料理は、とても美味しくて。多分どこかで食べた事があると思う。でも、やっぱり思い出せないんだ。

「兄さん、これ、何処かで食べたよね?!」
「.....そうかな?兄さんは覚えていないよ。卓也も初めてだと思うけど。」
「そうかな.....。」
「そうだよ。それとも、卓也だけ父さんたちと何処かでご馳走を食べたのかな?」
「そんな事はないよ。外食は嫌いな人たちだったし.....。」
 僕は少しだけ不安になる。
 でも、目の前でおいしそうに料理を頬張る兄さんを見ると、また気持ちが和んで、どうでも良くなってしまうんだ。今は、この美味しい料理を堪能しよう。


 翌日、兄さんと僕は叔母さんが待つ家へと向かう。
 ホテルで喪服に着替えるのは気が引けて、叔母さんの家に着いたら着替えさせてもらおうと、大きめのバッグを手に持って出かけた。
 叔母さんの家に着くと、門の前に迎え火というのが焚かれていて、「これは亡くなった人が家に戻って来る時、迷わないようにする為だよ。」と言われた。
 父さんたちの時も、確かあった様な........。

 叔母さんが兄さんと挨拶を交わしていて、僕の方をちっとも見てはくれないので、少しいじけてしまう。兄さんは、女性の目から見たら俳優さんの様にカッコイイ。それは僕も認める。だって、僕が弟でなきゃ、こんなカッコイイ人と話なんか出来やしない。それぐらいなんだけど、自覚はないみたいで。

「ねえ、兄さん。これは何?」
 叔母さんが、隣の家の人と話し出した隙に聞いてみた。
「え?」
 そこには、オレンジ色の紙風船のような実が付いた枝があって、僕は初めて目にしたものだった。
「これは鬼灯。多分提灯の代りなんじゃないかな?あの世から迷わないように、足元を照らしてくれるんだろう。」
「へえ、.............。」
 そう聞いて、なんとなく提灯に似ているかも、と思った。が、次の瞬間、僕が今まで思い出せなかった事が、走馬灯のように頭に浮かんできて。

 僕は思わず頭を抱えると、うわ言のように震える声で兄さんを呼んだ。
「あ、......ああ、なんか.........変だ、僕。兄さん!!」
 そう言うと、門の前で座り込んでしまった。
「だ、大丈夫か?!卓也。どうしたんだ?」
 兄さんが僕の腕を掴んだけど、どういう訳かそれは空を切るように心もとなくて。
 まるで煙を掴むかの様だった。

「兄さん。僕、思い出したよ。ここは僕の帰るところじゃない。」
「卓也?!」
「僕にも提灯を頂戴。でないと家に帰れないよ。」
「.........、帰れるよ。兄さんがちゃんと家に連れて帰る、そうしたらもう外には出なくていいんだ。」
「僕は4年前に死んだんじゃない?多分父さんたちと一緒に。」
 恐かったけれど聞いてみた。僕の脳裏によみがえった記憶の欠片を繋いでいくと、はっきりと思い出せたんだ。

 あの日、三人でドライブに行った帰り。後ろの座席で横になった僕を見た母さんが、眠っていると思ってつい口に出したんだ。
 『慎一を養子に向かえてから長い間、あの子を我が子のように思って育てたんだけど、無理だった様ね。大学院まで行ったのに海外へ留学だなんて。きっと私たちと暮らしたくないんだわ。』
 それを聞いた僕は、驚いて目を開けた。そしてすぐに両親へ本当の事なのかと問い詰めた。もちろん、それは紛れもない事実で。

 僕とは腹違いだと聞かされていて、お父さんは同じなのだと思っていたのに。
 結局、血も繋がらないあかの他人だったんだ。僕がどんな想いで兄さんを見てきたか。どんな気持ちで自分の気持ちに重い蓋をして来たか.........。
「ひどいよ!!黙っているなんて!僕にウソを教えるなんて!!」
 拳を握った僕の腕が、後部座席から運転席の父さんへと飛ぶ。それは、ほんの一瞬の出来事だった。

 ハンドルを握ったまま、僕の拳を頭に受けた父さん。
 ...................僕はとんでもない事をしてしまった。

 どうして僕はここに居るんだろう。
 僕の身体は無いはずなのに..........。

「卓也、見てごらん。」
 そう言うと、兄さんが自分の鞄の中からさっきのものとは別の鬼灯を取り出した。
「それは、」
「これは、卓也が迷わないように、兄さんがいつも肌身離さず持っていたんだ。どこに居ても必ず卓也が兄さんの所に来るように。」
 僕は、そっと手を伸ばす。

 鬼灯の提灯の灯りが、僕の足元を照らし出すと、その灯りに惹かれるように身体はふわりと軽くなり、僕は兄さんに手を引かれて歩いて行った。
 
 ふわりふわりと橙色の灯りが揺れる。こっちへおいでと僕を呼ぶ。
― 兄さん、もう僕の前から居なくならないでね ―

                  ― 完 ―

☆TaNaBaTa☆

子供の頃、短冊に願い事を書いて笹の葉に括り付けたのは、遠~〜〜い、昔のこと。♪


今日は七夕



いつからか、やめてしまったな~


願い事は、自分で叶えるもの と、感じ始めてからは、笹も 短冊も 只の行事になってしまった。


通りにあるのを眺めるだけ。


夢も希望も無くなっちまったのか…?


せめて 私の生み出した子供たちが、前を向いて歩いてくれる事を願いたい。




色々あるけどさ、生きているということは、こういう事。


全てひっくるめての人生じゃん(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑



天の川 見えるとイイネ☆☆☆






応援しています ♡


閲覧有難うございます

BL小説 02「台風が運んできたものは」SS

*02



前によく来ていた伊藤の家は、昔ながらの瓦屋根で、こんな風の強い日はカタカタという天井の音に、ビクついたものだ。

今日の様な台風ともなると、瓦が飛ばされやしないか心配になる。


「風呂場で服を脱いで、乾燥機に入れるから。」そう言われたが、俺は戸惑ってしまう。だってパンツ迄濡れてしまって、これじゃあ丸裸。


玄関から急いで風呂場へと行く伊藤の後を付いて行ったが、ドアを閉めるなり服を脱ぎ出した伊藤を見て身体が硬直した。

「なにしてんの。早く脱げよ、オレのも一緒に乾燥機に入れるから。」

「....あ、うん、」

急かされて、仕方なく俺も脱ぎ出した。


「後で新しいパンツ出してやるから。今穿いてるのは袋に入れて持って帰れ。」


俺が戸惑っていたのが分かったのか、伊藤がそう言ってくれて助かった。

「ありがとう。濡れたパンツ穿いたままかと思ったよ。助かる。」

バスタオルを渡されて腰に巻くと、伊藤は俺の服を掴んで乾燥機に放り込み、ドアを開けると出ていった。


俺は、タオルでゴシゴシと頭を拭きながら待つが、回っている乾燥機に目をやると、昨年の事を思い出す。


高校に入学して同じクラスになった俺たちは、名前の順番で席が前と後。初めこそ照れて話せなかったが、伊藤は人懐っこい性格で、俺の背中をつついてきたりして、何となく話すようになった。


スポーツ万能で、頭も良くて、明るい伊藤に対して、ちょっとおとなしめの俺は、伊藤のことを羨ましく思ったものだ。

それから一年、俺たちは親友と呼べる間柄になった。


でも、高2の三学期の最後の体育の後で…。


倉庫へ備品を片付ける係になった俺たちは、ふざけた友達のせいで閉じ込められてしまう。誰から言い出したのか、俺と伊藤はデきてるという噂がたった。

常に二人でいたし、他の友達が一緒の時でも伊藤は俺を気にかけてくれた。


カラオケに行っても、俺の選曲を入れて歌わせたが、それも自分から進んで入れられない俺の代わりにした事だった。

あまりにも、俺の世話をやく伊藤に対して、周りの誰かがからかい始めたんだ。


「伊藤は池田のこと好きなんじゃね?」

「お前らおホモだち?」


そんな事を言われ始めて、あの悪戯だった。


4時間目の体育のあとに閉じ込められた俺たちは、校庭に置かれた倉庫の中でドアを蹴ったり叩いたりしたが、誰も開けには来ず、きっと昼休みが終わるまで来ないつもりだと諦めた。

冬の寒い中、倉庫といっても外の温度とそんなに変わらない。俺はガタガタと震え出す。それを見た伊藤が、傍にあった救護用の毛布を俺に掛けた。

俺は伊藤の身体も引き込んで、二人でその毛布にくるまったんだ。


「抱き合ったらもっと暖かいかも。」そう言って伊藤は俺の身体を抱きしめた。


そのままじっとしていれば良かったのに……変に意識しちゃって、尚更恥ずかしくなった俺に、伊藤がキスをしてきたんだ。

俺も、初めての事で舞い上がった。だから伊藤にしがみついてしまって。それが余計に興奮させたらしく、夢中でベロチュウ迄してしまった。

昼休みが終わる前に、鍵を開けに来た奴の顔を 俺は見ることが出来なかった。


それ以来、俺は伊藤から距離を置き、3年になってクラスが別れた事で、ホッとした。

なのに、また、伊藤に助けられた俺は...



「これ、この間買ったばっかのだから、お前にやる。穿いて帰れ。」ドアが開くと、すぐに手渡され、俺はタオルの影からソレを穿く。「あと、これも。乾くまで穿いてろよ。」

そう言うと、短パンを寄こす。バスタオルを頭から掛けて、短パンを穿いたまま、俺たちは居間で時間をつぶす。新しいクラスメイトの話や授業の時の話。他愛のない会話は、二人の距離を縮めてくれた。

「台風来たのが冬じゃなくて良かったよな。」

そう言われて、あの倉庫の事が頭をよぎる。と、俺の表情で気付いたのか、


「あれ、昨年のアレの事だけどさ、」

「……」

口を噤んだ俺に、伊藤が言った。

「俺たちがデきてるって言われたの、オレのせいだから。」


「え?」


「オレが山下あかりに言ったから。」

そう言われても、訳がわからなくて。


「山下に告られて、断る時に言ってしまったんだ。オレが好きなの、池田太一だからって。」

「………えええっ!?」

驚きの声を上げると、伊藤は少し照れたように俺を見た。


「中学生の時、女子と付き合ったことあるけどさ、なんかピンとこなくて……、お前と一緒にいるようになったら、気付いたんだ。」「え?気付いたって何を?」


「池田の事を好きな気持ち。これって他の友達とは違う感情だってことに。」

俺は焦った。だってそんな事今更言われたって…


「あの倉庫での事も、オレにとっては嬉しい悪戯だった。お陰で池田とキス出来たしな。」

下を向く俺に、尚も伊藤の明るい声が響く。


「そんな事言っていいの?伊藤は何でも出来て女子にモテるのに。」俺がそう言うと、伊藤は笑った。

「好きじゃない奴にモテたって嬉しくも何ともない。オレが好きなのは、今だって池田だし。」


伊藤の頬が、少しだけ赤く色づいた様な気がした。そして、俺の鼓動も早鐘を打つように高まった。


「また、俺と友達になってくれる?」そう聞いてみる。すると伊藤は、頭に乗せたバスタオルの影から俺をじっと見るとこう言った。


「オレたち、ずっと親友だった筈なんだけどな。だから、格上げして、オレの恋人になってよ、池田。」

ドキリとして、目が合うと、伊藤の顔には満面の笑みが溢れていた。

表では、けたたましい風と吹き付ける雨の音がしている。

この日、俺に衝撃を与えたものは、台風でもイタイ雨合羽でもなくて、親友からの告白だった。



またまた 落書きです。w


小説は2話でおしまい。また、いつの日にか…♡