itti(イッチ)の部屋

ビーエル関連のツブヤキ/オリジナル小説のお知らせ/SS/イラストなど
興味のある物すべて混載中

カザミドリSS. 【逆転】

*こんにちは。少しづつ読者様も減ってまいりましたが、新たに読んでくださっている方もおられるようで、本当にありがとうございます。
その方々のために、今回はショートストーリーを書きました。
ついでに、成長したアユムの姿もご覧ください。



 
 三田駅から港南工業高校へ向かう電車の中。俺は、いつもの様にアユムと向かい合うと、日常の他愛ない会話を楽しんでいた。


「生徒会の仕事って、大変?」


アユムが俺に聞いてくるけど、これで五回目。


「まあ、大変と言えば・・・でもまだ3年生がいるし、俺は雑用だから。今のところはそうでもないかな。」


「ふうん。」


大抵は、この ふうん。って言葉で終わるんだ。


この先にアユムの言いたい言葉があるんだろうに、未だに言わない。


「なあ、アユムも来年・・・ 生徒会入るか?」


「え?生徒会って、勝手に入れるの?」
驚いた顔で俺を見るが、ちょっと嬉しそう。


「勝手に、って事はないけど、立候補すればだいたいは。」


「え?そうなんだ!投票とかして選ばれるのかと思ったよ。」


「最初はそうだったけど、だんだん候補者が減ってきて、みんな塾とか忙しいからな。だから今は、先生に頼まれた生徒がやってる。俺なんか嫌だって言ったんだけど・・・」


「そうなの?嫌そうには見えないけどね。」


「・・・実は、入学式の時に新入生の胸にリボンを付ける係があるって聞いて、それで引き受けちゃった。」


「・・・」


そう、入学式の朝、俺がアユムの胸にリボンを付けてやったんだ。


無言で聞いていたアユムの顔がニヤケてきた。ちょっと赤くなって、白い肌が桜色になる。


「・・・もう、友田さんてば・・・」


そういうと、俺の肩のゴミを取る振りをして顔を近づけてきた。


少し回りを見るけど、気にする人も無いようで、俺はアユムの方を見ると顎を少し上げた。


入学して半年。
あんなに小さくて華奢だったアユムが、今では身長も伸びて。


2センチ越されてしまった。


やっぱり、クウォーターだからかな?
高校生の間にどのくらい伸びるんだろう。


「僕が生徒会に入ったら、また友田さんといる時間が増えるよね‼・・・来年立候補しようかな。」


「うん、そうしろよ。帰りも一緒に帰れるし。」


「そうだね。そうしようっと‼」


アユムは益々頬を赤くして嬉しそうに笑った。


去年までの、あのカワイイ男子は何処へいったのか。今ではすっかりイケメンになっちゃった。


その内、俺の顎をクイっと持ちあげてキスしてくる日が来るのかな。


俺の肩をごそごそ触っていた手が、そっと襟首に当たると、ほんの少しの皮膚の感触を味わっている。


俺を見る目が熱をおびてくると、アユムの口元はきゅっと一文字に結ばれた。


これは、俺にキスをねだる時の仕草。
でも、本人は気付いていない。


「生徒会室の鍵、持ってるんだけどさ・・・今からちょっと見に行く?」


「・・・う、ン。」




美術室の奥の、誰も使わない部屋があって、今はそこが生徒会室になっていた。


朝のシ、ンとした部屋で、俺とアユムは互いに見つめ合う。


俺の胸に埋もれていたアユムは、ここにはいなくて、互いに抱きしめあえば頬が当たる。


同じ目線でキスを交わすと、俺の中にぼんやりとした思いがよぎる。


いつか、アユムが男としての感覚を味わいたいと言ってきたら・・・・・


---ン----ンン----


桜色に染まるアユムの頬は、相変わらず可愛いまま。
いつまでも俺の可愛いアユムには違いない。


もしその日が来たら、俺は立場が逆転することも受け入れるよ。


どちらにしたって、愛しいアユムには変わりない。ずっと隣にいて欲しい。
このまま、一緒に並んで歩いて行きたい。


「アユ・・・」


「・・ン?」


「好きだよ。」


「うん。僕だって‼」


---遠くでチャイムの音が聞こえる。


そろそろ教室へいかなくちゃ----。


でも、あと5秒だけ・・・








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。