itti(イッチ)の部屋

オリジナルイラスト、小説更新のおしらせなど、趣味の部屋。

ビーエル関連のツブヤキ/オリジナル小説のお知らせ/SS/イラストなど
興味のある物すべて混載中

『気付いたんだけど。』02

 入学して間もなく、たまたまクラスで隣に座ったのが吉田で、目が合うとニコリとされた。



背格好は同じ位。くせ毛なのか寝癖なのか、あらゆる方向に跳ねた髪の毛は、まるでコントに出てくる人のよう。笑うに笑えない。だって、まだしゃべった事もないんだ。




ニコリとされて、どうしていいのか...


一応、愛想笑いだけしておくと、直ぐに前を向いて講師の話に集中した。




* * * 
「ねえ、学食ってどっち行く?第二の方が女の子多いらしいね。」


「え?....」


昼になると、急に声を掛けて来るから驚いた。初めて言葉を交わしたのが、学食どっちに行く、とか。オレたち、今日会ったばかりなのに...。



「.....多分第一。別に女の子狙いじゃないし........。」


「あっそう?!.......なら俺も第一行こうっと。」



そういうと、さっさとカバンにノートをしまい込む。
「じゃあ、行こ!」


その言い方は、さも友人を誘うような言い方だった。
- なんなの?.......コイツ。



正直、オレは大学受かって都会に出てきたばかりの田舎者。


こんなに馴れ馴れしいのは、都会馴れしているヤツで、オレの事を軽くみているんだと思った。


「あの、.......別に一人で行けるんで。」
そう言うと、お先にどうぞの意味を込めて、ドアの方に手を向けて促す。


すると、彼がオレの手を取って握り締めてきた。


「は.........?」
なんで握手?


戸惑うオレが固まってしまうと、「デカイ手。いいね、あったかくて心地いいじゃん。」という。


ハッと我に返って、その手を引き抜こうとした。


「あ、ごめんごめん。俺、手フェチなんだよね。どっちかっていうと、小さな手よりデカくてゴツイ感じの方が好き。」


手を離しながら、そんな説明されても、オレはどんなリアクションしたらいいのか。
困りながらも、その場を離れることが出来ず、ただ口元から覗く綺麗な歯だけに目が行った。





そんな事がキッカケで、一年もつるんでいたら、今では互いを親友と思っているオレたち。



- 絆創膏を目にして、今さらこの恋に気づいたオレはどうしたら.........。








*ブログ村に反応頂いたので、続きを書かせていただきました。


キッカケは何であれ、気付いたからには、くすぶる気持ちを封印するのは苦しい。


’恋焦がれる’って気持ちは、男女の区別なく訪れますね。


取り敢えずはここまで。


また反応頂けましたら.........。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。