itti(イッチ)の部屋

ビーエル関連のツブヤキ/オリジナル小説のお知らせ/SS/イラストなど
興味のある物すべて混載中

『気づいたんだけど。』06

 「お前、俺の事好きじゃん。俺も好きだ・・・。」


突然の吉田の言葉で、オレの心の中を見透かされたのかと思った。


何を言い出すんだよ。オレはそんな言葉、絶対に言えないってのに・・・。
どうしてそうも簡単に、「好き」って言葉を同じ男のオレに言えるんだ?!


吉田はこういう奴だった。
出会った時から馴れ馴れしくて、なんだか訳が分からないまま、居眠りの時は手を掴んでくれと言われ、オレは実行してやった。


「バカな事ばっか言ってないで、もう寝るから!!お休み」
そういうと、洗面所を後にしてさっさと寝袋に潜り込む。


しばらくぶりに使ってみると、案外居心地がいい。
オレの冷えた身体を包み込んでくれるみたいで、これなら吉田の気配も感じずに眠れそう。しいて言うなら、床にもう一枚布団があれば良かったんだけど。
フローリングに直に寝るのは、ちょっとだけ痛いかな・・・。
- まあ、いいや。今夜だけのガマン。


「洗面所の電気消したよ~。」


「おう、サンキュ。」


吉田は、部屋に戻ってくると、じっとオレを見る。


「なあ、さっきの話。俺、ここに住んでもいいだろ?!ちゃんと部屋代は半分出すし、光熱費も食事代も。」
そう言いながら上から見下ろされ、いい気分じゃなかった。


「・・・まだ言ってる・・・。お前、彼女がいるんだろ?同棲でも何でもすりゃあいいじゃん。オレだって女の子連れ込みたい。・・・だから、だめ!」


本心は違っていた。でも、ここでオレの気持ちをいう訳にはいかない。


見た事もない彼女に嫉妬してるんだ、オレ。


「もう、この話は止めよう。オレは吉田とは暮らさないから。今まで通り、たまに泊まりに来るんなら、ちゃんと布団を用意しておく。だから・・・。」
それだけ言うと、無性に悲しくなった。


女々しい・・・。


絶対に泊まりに来るなって言えない・・・。


本当は、今日を最後にした方がいいんだ。そうしたら、きっと諦められる。
学校でしか会わなければ。


「大村、何言ってんの?なんで俺が女と同棲しなきゃならないんだ?」


「だって・・・、その、絆創膏の・・・・女が、」


「彼女なんかじゃないよ。一回遊んだだけだし・・・。大村の事気に入ってるみたいだったからさあ・・・、ちょっとムカついて。」


・・・何を言ってる?オレの事を気に入ってる?・・・・その女の子が?



「あのさあ、意味わかんない。いいからもう寝よ。明日早いんだからさあ。」



頭の片隅に、ものすご~く引っかかる事があるんだけど、今夜はそっとしておこう。明日の朝になったら、きっと忘れているはずだ。


そう、オレは完全に逃げていた。頭の中がぐちゃぐちゃしてきて、膿んでしまいそう。
このままじゃ何を言い出すか分からない。とにかく明日。明日になれば・・・・と思った。


じっと、床に寝るオレを見降ろしながら、吉田が口を開く。


「寝袋、マジでウケる・・・。」と。
その顔は、なんだかいつもと違っていて・・・・・。



***なんとな~く、続きが気になるところまできたでしょうか?


大村ピンチ!!!
いや、チャンス!!!


では、またのご訪問を。
読んでくださって有難うございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。