itti(イッチ)の部屋

オリジナルイラスト、小説更新のおしらせなど、趣味の部屋。

ビーエル関連のツブヤキ/オリジナル小説のお知らせ/SS/イラストなど
興味のある物すべて混載中

「虹の橋を渡って」その後のふたり。

埼玉の支店に転勤となった僕の恋人は、相変わらず忙しそうで。

今年の六月で、僕らの交際も八年目を迎える。高校生の僕が、大学生の的場さんに話しかけられて、直ぐに付き合って欲しいと言われた。あの頃の僕は、自分が異質な人間なんだと卑屈になっていて。


同級生達が、彼女を作ることに必死になっている時、僕は美術部の先輩に憧れていた。

けど、先輩は男で.....


何となく耳に入る言葉で、僕の様な人間が他にもいるらしい事は分かっていた。

声には出さなくても、同性を好きになってしまう人はいるんだと。ただ、僕の知る限り、僕の周りにはいなかった。

その事が、自分自身をどんどん不安にしていく。


学園祭の時、卒業生の的場さんが遊びに来ていて、知り合ってからの僕の人生は大きく変わったと思う。初めて出会った、同性を好きになる人に僕は興味が湧いて、他にも沢山いることを知った。



「芳樹だから、ヨシくんて呼んでいいかな?」

そう言われて、のぼせる自分の顔を隠した。恥ずかしかった。カラダの奥が、ジーンって疼いた事を思い出す。


-----

突然の昔の出来事が、まるで昨日の事のように思い出されると、僕は的場さんのベッドの上でうたた寝していた事に気付く。

慌てて体を起こすと、

「ヨシくん、起きたんだ?疲れてたんだね。」

その声は、机でパソコンに向かっている的場さんの声だった。土曜日なのに、持ち帰った仕事があるからと、僕は待ちぼうけを食らってふて寝したのを思い出した。


「まだ終わんないの?僕、どのくらい寝てたんだろう…。」

「寝息が聞こえ出したのは30分位前かな?凄く気持ち良さそうだったよ。寝顔も可愛かったし。」

的場さんは、未だに僕を可愛いとか言うんだ。もう24歳の男なのにさ.....


「もう夕方だよ!?お腹減ったなー、終らないなら僕ひとりで買い物に行って来るけど。」

ベッドに腰掛けて、的場さんの背中に声を掛ける。すると、椅子と一緒に的場さんのカラダがクルッとこちらに向いた。


「俺も、お腹が減った。でも...」

言いながら隣りにやって来ると、肩を押されて、僕は又ベッドの上に沈んだ。

「何?」

的場さんの顔を見上げると、

「先にヨシくんを頂いてから、ご飯はその後だな。」


的場さんの優しい眼差しは僕を動けなくさせて、僕の空腹は愛で満たされるような気がした。



**こちらは、以前書いた「虹の橋を渡ったら」SSの続きの続きです。

昨日、落書きをしていたら、こんな何気ない二人の日常が浮かんできて...

ヨシくんと的場さんの、8年越しの愛情が冷めていない事をお伝えしたくって。

この先も、ヨシくんがふて寝をする事はあるでしょうが、結局は的場さんの愛に包み込まれてしまうと思います。


妄想話にお付き合い下さり 有難うございます

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。