itti(イッチ)の部屋

オリジナルイラスト、小説更新のおしらせなど、趣味の部屋。

ビーエル関連のツブヤキ/オリジナル小説のお知らせ/SS/イラストなど
興味のある物すべて混載中

BL小説 「台風が運んできたものは」SS

*01


その日は、テレビやラジオ、あらゆる媒体が台風の状況を伝えていたから、俺は朝から用意万端、雨合羽をスクールバッグに入れて登校していた。


午後から本格的に降り出した雨を(あ〜あ、やっぱり来たか。)と天を仰ぎながら見ていた俺は、周りの奴らが傘をさして飛ばされそうになっている中、悠々とバッグから雨合羽を取り出す。


「あー、池田くんのレインコート可愛い!」


何気なく広げた合羽を目にした女子にそう言われ、「は?」と見直した。


「そのキャラクター、ひょっとして手書き?凄く上手だねー。」

「え?どれどれー」

女子に騒がれて、広げた合羽の背中を見たら、なんとも言えない気持ちになった。


「池田くんに、そういう趣味があったなんて意外~。」


「や、これは、…弟が、………」

俺は、慌てて合羽を丸めるとバッグの奥にしまい込む。そうして、下駄箱の靴を地面に放ると、急いでそれを履き校舎から飛び出して行った。


-----最悪だぜ!


朝、俺が鼻歌混じりに用意した雨合羽は、コンビニで買えるような普通のビニールの物。

なのに、その背中部分には、アニメの萌えキャラが、手書きされていた。


こんな事をするのは、俺と二つ違いの弟しかいない。アイツは高校でアニメ部に入ったらしく、あらゆる物にペイントしては喜んでいる。


………まさか、こんな物にまで!

怒りと共に沸き起こる、羞恥心。


こんな物を女子に見られるなんて。


降りしきる雨と風の中、ずぶ濡れになりながら走る。

こんなはずじゃなかった。傘は飛ばされて壊れるのがオチと、折角雨合羽を用意したのに!広げて確認しなかった自分にも腹が立つ。


バシャバシャと、水しぶきを上げて走る俺に

「おいっ!池田っ!」

追い越した傘の陰から名前を呼ばれて、思わず振り向いた。


「何やってんだ!?台風来るって言ってたじゃん。」

そう言って、ずぶ濡れの俺に傘をさしかけてくれたのは、去年迄同じクラスだった伊藤。

高3になってクラスが別れてしまった俺たちには、誰にも言えない秘密があった。



「…う…、うん。そうなんだけどさ…」

「そんなずぶ濡れじゃあ風邪ひくぞ!バスだって乗るんだろ?」


そう言われ、この姿でバスに乗り込んだら迷惑だろうなと思った。混む時間帯に、こんなビショビショの人間が隣に立ってるとか…


返事をしかねていると、

「オレの家で乾かして行けよ。乾燥機に入れれば大丈夫だろ。あと、カッパ貸してやるし。な?」


見れば、伊藤の体だって横殴りの雨と風で

ビショビショだった。でも、伊藤の自宅は歩いて10分の所。どうしようか考える。


「6時になったら母親が戻ってくるし、お前ん家迄送ってくれるように頼んでみるから。」


そこまで言われて、俺はつい「有難う、そうさせてもらう」と言った。


ここまで濡れたら、もう、気持ち悪いのを通り越している。シャツもズボンも体に張り付いていて、まるでプールに落ちた人の様だった。





*台風のお絵かき*

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。