itti(イッチ)の部屋

オリジナルイラスト、小説更新のおしらせなど、趣味の部屋。

ビーエル関連のツブヤキ/オリジナル小説のお知らせ/SS/イラストなど
興味のある物すべて混載中

巡り廻って...

この世で起こる全ての事。

自分の身に降り掛かる出来事は、過去に誰かが行なった事が廻って来たのだと思った。


昨日、念願の映画「彼らが本気で編む時は」のDVDを観たのです。


性転換手術を受けて男性の身体から女性の身体になったリンコさん。

マキオさんという優しい男性と同居しています。ある日マキオさんの姪 トモ の母親(マキオさんの姉)が居なくなり、トモを預かることに。そこから3人の生活が始まる。


この映画の中には、沢山の「葛藤」が盛り込まれていて、先ずはリンコさんの性の問題。

授業の中で体育だけを拒み、お母さんが先生に呼ばれます。「体育を舐めている‼」と怒る教師に、「あの子なりの理由があるのかと..」と言います。

ここで、観ているこちら側としたら、柔道着がはだけたり、水泳の水着を穿いたりしたくないんだよ‼という怒りがわくのですが、先生にはリンコさんが女性の心を持っている事は分かりません。


お母さんには、分かっていたんですね…

そうして、「リンちゃんは女の子だもんね?!」と、優しく肩を抱く。

はい、私、号泣(╥╯θ╰╥)


で、もう一人の主人公 トモ。

11歳のチョット生意気な女の子。母親に愛情を与えられずにいます。

教室の中での立ち位置が、描かれている。

同級生からホモと言われている男の子がいて、トモはその子とゲームして遊んでいても、学校で話し掛けられるのは嫌がります。

「同類に思われるだろ‼」と、吐き捨てる言葉が痛すぎる。


そしてその子が片想いしている男子へのラブレターを母親に破かれて、自殺未遂を。

勿論助かりますが、お見舞いに行ったトモは、その理由を聞いて「そりゃあ死にたくなるわ。」と、またもや言い放つ!

ヲイヲイ...


でもね、ラッキーアイテムをその子にそっとあげるの。ぶっきらぼうだけど、トモにそういう優しさを与えたのは リンコさん なんだと思った。

そこでホッコリ°ʚ(*´꒳`*)ɞ°.


途中、男の子の母親が、いかにも居そうな常識をかざす役をやってくれるんだけど、そこは心が痛くても(現実)だと思わせてくれる。

ボーイズラブにかぶれている私だって、スーパーで女装した人を見たら(どんなに美人であろうと)ガン見してしまいます。きっと…

ま、私の場合は嬉しさが増した感じでのガン見。w


マキオさんは、本当にポヤーンとした優しさが滲み出ているので、大変有難いです。


最後にトモの母親と、その母達。


彼女達の境遇や性格が、リンコさんやトモの母親を作ったのだなー…と思った。


そう思ったら、私もうちの娘に影響を与えているのだと。


うん、確かに何処か冷めたところがあるね。

ボーイズラブや、腐向けの会話もなんのその。ガッツリ付いてきます。

中学の時、学校へ行きたくないと言い出した娘に対して、私はそこらの常識をかざした母親になりかけると、周りの目を気にする様になった。

旦那が精神科で相談してみようと言って、カウンセリングも受けてみた。


でも、疲れちゃった...

だから、普通を捨てて、生きやすい道を選んだ。旅行にも買い物にも笑顔で行った。



理由も言わずに、行きたくないと言ったけど、7年経ったらあの時の事を話してくれて。


女子校の賑やかさに付いていけなかったし、グループ内での苛めに似た行いを目撃する事に心が折れたという。


仲良しだと思っていた子が、悪口を言うのを聞いて、人を信じられなくなったと。


自身が何かをされたかは分からないし、言いたく無いことは聞かない、つもり。


1度だけ、資料用の教科書が無くなったと言って買いに行ったことはある。

先生は探してくれなかったし、クラスの人に聞いてもくれなかった。新しいのを買ってください!だけだったなー…


まあ、そのうち気が向いたら語り出すかも。


学校や教師や世間に腹を立てる…

そこは人間ですから分かります!

でも、放たれた言葉や思いは私から相手に伝わり、やがてその相手からも言葉や思いを向けられる人が出てくる。


巡り廻って、また私に戻ったり、子供に戻って来るんだろうか...


穏やかな気持ちや、笑顔が廻って来たら良いのにな〜



でも、まぜこぜの気持ちも、自分で咀嚼して笑顔になれる所だけ 出せたら良いな(*˙︶˙*)☆*°


色々 ネタバレかも、ですが…

是非、お子さんをお持ちの方には観て頂きたい!



読んで下さって有難うございます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。