itti(イッチ)の部屋

ビーエル関連のツブヤキ/オリジナル小説のお知らせ/SS/イラストなど
興味のある物すべて混載中

『虹の橋を渡ったら』 SS

───春になった。

そう思って気持ちが緩んだ僕に、突然のアクシデント。


高校から付き合ってきた二つ年上の彼、的場 健治さんが、急に転勤になるという。


「何処へ?」

僕は彼に詰め寄った。


地元の会社に就職して、支社はなく、転勤なんてないはずだったのに。


『ごめん、ヨシくん。』


僕の名前は大宮 芳樹。

初めて会った日に、『ヨシくん。』と呼ばれて以来、ずっとそう呼ばれているが、こんな時にそう呼ばれるのは、ちょっと気が抜ける。


「ごめんヨシくん、じゃなくてさぁ、説明して‼支社のない会社で何処へ転勤になるんだよ‼」

二人だけの部屋で、思わず声を荒げる僕。


『・・・』


固まったままの的場さんをじっと睨み付ける。


高校を卒業して三年。

僕は地元の大学に通っている。就活を初めてみて、社会人の大変さが分かって、的場さんにワガママ言わないようにしていたけど、コレばかりは話が違う。


「的場さんと離れたくなくて、僕は地元の大学を受けたんだ。ずっと一緒に居られるねって、喜んでたじゃないか。なのに・・・」


『そうなんだけど、・・・実は昨年の夏から埼玉に支店をつくる計画があって。』


「え?・・・・まさか」

寝耳に水。そんな話今頃聞かされたって・・


『俺の先輩が行くと思ってたんだけど、その人の奥さんに子供が産まれて・・・』


「行けなくなった、って訳?でも、決まってた事でしょ⁉子供が産まれたからって、なんで的場さんが‼」


『ヨシくん、・・・子供の側に居たいと思うのは仕方の無いことだよ。』


それを聞いて、僕は腹が立った。だって、僕は我慢しなきゃいけなくて、その子供は当然のように引き留める事が出来るなんて、不公平だよ。


「わかった。じゃあ・・・別れるしかないね、僕たち。」

『え?・・・・え?』


豆鉄砲を食らった鳩のように、目を丸くして驚く的場さんが、僕の顔を二度見する。

でも、僕は知らん顔。


明日会社の人にお願いするんだね。

僕は心の中でそう思って、的場さんの反応を待った。


.....なのに


『仕方がないな。ヨシくんがそうしたいなら、俺は受け止めるしかないよ。』


.....え?.....

受け止めるの?



暫く沈黙が続き、だんだん居たたまれなくなると、的場さんが立ち上がって窓の外を見た。


朝からの雨はすっかりあがっていたようで、雲の切れ間から日の光がさし込んでいるのが、僕の所からも見えた。

目映い光に透ける雲の切れ間が、とても幻想的で綺麗。一瞬、沈んだ心が和んだ気がして、僕も立ち上がって的場さんの隣に立つ。


──この景色を二人で見て来たのに。


実家暮らしの僕は、ここが第二の家のような気がしていて、合鍵をもらった時は本当に涙が出るほど嬉しかった。就職が決まって、お金が貯まったら、同じアパートに越して来ようと思っていたのに.....


「僕の存在なんて、そんなものだったんだね⁉すぐに無かった事に出来るような。」


恨めしそうに言ったが、的場さんが僕の方を見る事はなかった。

的場さんの視線をたどれば、北の方に大きな虹がかかっていて、いつもなら綺麗だと興奮してはしゃぐのに。

今日は、綺麗な虹もボヤけて見えた。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。