itti(イッチ)のビーエル日記

ビーエル関連のツブヤキ/オリジナル小説のお知らせ/SS/イラストなど
興味のある物すべて混載中(諸事情により過去の小説は封印。現在引っ越し最中です)

『虹の橋を渡ったら』 SS

───春になった。

そう思って気持ちが緩んだ僕に、突然のアクシデント。


高校から付き合ってきた二つ年上の彼、的場 健治さんが、急に転勤になるという。


「何処へ?」

僕は彼に詰め寄った。


地元の会社に就職して、支社はなく、転勤なんてないはずだったのに。


『ごめん、ヨシくん。』


僕の名前は大宮 芳樹。

初めて会った日に、『ヨシくん。』と呼ばれて以来、ずっとそう呼ばれているが、こんな時にそう呼ばれるのは、ちょっと気が抜ける。


「ごめんヨシくん、じゃなくてさぁ、説明して‼支社のない会社で何処へ転勤になるんだよ‼」

二人だけの部屋で、思わず声を荒げる僕。


『・・・』


固まったままの的場さんをじっと睨み付ける。


高校を卒業して三年。

僕は地元の大学に通っている。就活を初めてみて、社会人の大変さが分かって、的場さんにワガママ言わないようにしていたけど、コレばかりは話が違う。


「的場さんと離れたくなくて、僕は地元の大学を受けたんだ。ずっと一緒に居られるねって、喜んでたじゃないか。なのに・・・」


『そうなんだけど、・・・実は昨年の夏から埼玉に支店をつくる計画があって。』


「え?・・・・まさか」

寝耳に水。そんな話今頃聞かされたって・・


『俺の先輩が行くと思ってたんだけど、その人の奥さんに子供が産まれて・・・』


「行けなくなった、って訳?でも、決まってた事でしょ⁉子供が産まれたからって、なんで的場さんが‼」


『ヨシくん、・・・子供の側に居たいと思うのは仕方の無いことだよ。』


それを聞いて、僕は腹が立った。だって、僕は我慢しなきゃいけなくて、その子供は当然のように引き留める事が出来るなんて、不公平だよ。


「わかった。じゃあ・・・別れるしかないね、僕たち。」

『え?・・・・え?』


豆鉄砲を食らった鳩のように、目を丸くして驚く的場さんが、僕の顔を二度見する。

でも、僕は知らん顔。


明日会社の人にお願いするんだね。

僕は心の中でそう思って、的場さんの反応を待った。


.....なのに


『仕方がないな。ヨシくんがそうしたいなら、俺は受け止めるしかないよ。』


.....え?.....

受け止めるの?



暫く沈黙が続き、だんだん居たたまれなくなると、的場さんが立ち上がって窓の外を見た。


朝からの雨はすっかりあがっていたようで、雲の切れ間から日の光がさし込んでいるのが、僕の所からも見えた。

目映い光に透ける雲の切れ間が、とても幻想的で綺麗。一瞬、沈んだ心が和んだ気がして、僕も立ち上がって的場さんの隣に立つ。


──この景色を二人で見て来たのに。


実家暮らしの僕は、ここが第二の家のような気がしていて、合鍵をもらった時は本当に涙が出るほど嬉しかった。就職が決まって、お金が貯まったら、同じアパートに越して来ようと思っていたのに.....


「僕の存在なんて、そんなものだったんだね⁉すぐに無かった事に出来るような。」


恨めしそうに言ったが、的場さんが僕の方を見る事はなかった。

的場さんの視線をたどれば、北の方に大きな虹がかかっていて、いつもなら綺麗だと興奮してはしゃぐのに。

今日は、綺麗な虹もボヤけて見えた。



[ 癒されたい] って思った時には・・・

 こんにちは


世間一般の3連休を満喫しております itti(イッチ)です


初日は父のお見舞いに行って、沢山お話をしてきました


といっても、ほとんどは私が一人でしゃべっているんですが。。。


父は難病にかかってしまい、入院生活2年目を迎えています


世の中には、まだまだ知られていない病気が多くって、306もの指定難病があるそうです
でも、本当は指定を受けていない病気もあって、かかった病気が稀なものは国の指定難病の医療費助成対象にもなれていないとか.......


病気の治療にはものすごくお金がかかるんです
指定難病の申請をして、受け付けてもらえるかもらえないかでは、月に何万円もの差が出ます
うちの父も、具合が悪くなったのはもう5~6年前の事


ずっと不自由を抱えて生活をしていましたが、いよいよ自分の身体が動かなくなって、初めて難病の申請をすることになりました
そこに至るまで、病院の主治医も申請の話はしてくれず、私たちは知らないままで.....


それまでにかかった費用は、ものすごい金額ですが、遡ってはくれないので諦めるしかありません


・・・・と、まあ、そんな感じで一日は過ごし、あとは趣味のビーエル小説を書きかき


そして、ふらっと本屋に寄ったら・・・なんと大好きな作家さんのコミックが出ていて


もちろん即購入
これです ↓





4巻まではすでに購入済


ビーエルは、エロだと思われがちですが、このような《まったり日常系》もたくさんあるのです(イチャイチャは男女のソレと変わりませんが)


私はこんな日常系が書きたいし、描きたい!


で、こんなイラストも ↓




海外の写真で観たものを描かせて頂きました(模写、のようなもの)


こんな風に公園の芝生の上で、ボーイズカップルがお昼寝する時が来ればいいのに.....


そしたら、私、間違いなくガン見するでしょネ( *´艸`)
多分、変態おばはんだと通報されるレベルです 笑



昔、20歳そこそこの時に一緒に遊んでいたゲイの子は、公園といえば《ハッテン場》だと言っていましたが、その時はそんなもんかなぁ~と思っていました


でも、この写真を見た時に、いつか日本でもこういう光景が普通になったらいいのにな、と思いました


世の中にはままならない事が多くって、突き詰めて考えると心を病むばかりです
なので、少し気を抜きながら、自分で癒されるものを与えながら、なんとか頑張って生きたいなぁ。。。なんて、連休最後に思う(イッチ)でした





最後までお付き合いくださって有難うございます



『性懲りもなく』

ムラムラしたのであげちゃいます。
・・・って言っても なんて事はない。
ただの 純情男子のお話


気が向いたら 読んで下さいね🎵
【疼きの原因が親友な訳】
http://www.alphapolis.co.jp/content/cover/929100458/
#アルファポリス


健全なお話ですから‼ (今のところは。)



閲覧有難うございました(о´∀`о)ふゥ~💦