itti(イッチ)の部屋

ビーエル関連のツブヤキ/オリジナル小説のお知らせ/SS/イラストなど
興味のある物すべて混載中

『オレンジタウン』残響のひかり。03


  その日、いつもの様に事務所の机に貼りついて仕事をしていた僕は、ふと、デスクの引き出しが振動している事に気づいた。
微かに肘の辺りに伝わる振動で、引き出しに仕舞った携帯が受信しているのが分かる。


「・・・はい、津田です。」


電話の相手の名前を見たら、少し動悸がして小声になった。


「どうも、神谷です。昨日は大丈夫でしたか?」


声の主は、昨日僕が追突しかけた相手、神谷孝輔さんだったが、僕の事を心配してくれる言葉をもらうと、むしろ僕の方が気遣わなきゃいけないのに、配慮が足りなかった自分を反省する。


「あの、僕は大丈夫です。神谷さんの方こそ、どこもなんともありませんか?むち打ち症とか後になって痛んだりするらしいし・・・・。」
僕は心配に思って聞いてみた。
なのに、電話の向こうの神谷さんは、「ははは、」と笑っている。


「え?・・・」
僕が驚くと、半分笑いながら神谷さんが話を続ける。


「人が良すぎですよ、津田さんは。・・・そんな事言って、俺、痛いトコあるんですけど、なんとかしてくれるんですか?」


「ええ?!どこを痛めたんです?やっぱり首ですか。急にブレーキ踏んでむち打ちになったんじゃ・・・・。」
焦って聞くが、急に返事をしなくなって、余計に僕は心配になった。



「今夜、7時に会えますか?その時話します。場所は後で又連絡するんで。・・・じゃあ。」


「え!・・・あ、あの・・・・」
一方的に電話を切られてしまい、会えますかと聞いたわりに僕の返事は無視。
あれは呼び出しじゃないか・・・・・。



「どうかしました?」


「え?」


隣の席の同僚が、僕の顔を覗きこむ様にして聞いてくる。
ちょっと動悸がしたせいで、冷汗が出ているのを悟られたんだろうか、きっと顔つきも変だったんだろう。


「いえ、なんでもありません。大丈夫ですから・・・有難うございます。」
軽くお辞儀をすると、携帯を引き出しに仕舞う。
それから、目の前のパソコンに数字を入れながら、少しずつ胸の鼓動が静かになるのを待った。




- - - 



夕方の5時をまわり、まだ入力作業が残っていた僕は、事務所の壁掛け時計に目をやる。


7時って言ってたな・・・・。
これは、あと1時間はかかる。どうしよう・・・・・・。


取り敢えず引き出しの中の携帯を手元に置き、見えるようにしておいた。
もしも電話がかかってきたら、僕の仕事が終わらないと伝えよう。それから、痛い所は病院へ行って診てもらうように話そうと思った。




僕は、企業の労務関係の事務処理をする、’社会保険労務士事務所’に勤めていた。


大学を出てから6年。
ここの所長は僕の伯父さんで、父と離婚した母親が僕の就職を心配して進めてくれたのだった。


昔から、周りの人と距離を取ってしまう僕は、自分から商品を売り込む営業なんかには向かなくて。
どうしたって事務畑。しかも、クライアントはすでに確保されていて、僕は与えられた処理をすればいいだけだ。



あの〔神谷〕と言う人は、僕とはまるで正反対の性格みたいで。


身なりや体格もだけど、話す言葉使いも堂々としている。
自分の事を’俺’と言うのは、友人相手ならそうだろうけど、初対面ではなかなか言えない。


余程、僕を年下と思っているのか、見下しているのか・・・・・。
どちらにしても、僕にとっては気持ちが休まる相手ではないと思った。


もう一度携帯に目をやると、また動悸がしてきそうで、慌ててパソコンのキーボードに視線を移す。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。